防災グッズ 非常食

防災グッズ 非常食


非常食と聞いてまず思い出すのは”乾パン”でしょう。

乾パンは通常では缶に入っていて、保存年数が非常に長く5年程度は持つようです、およそ一缶で1食分です。

食べ始めは香ばしくておいしいのですが、水分と一緒に食べないとかなり食べにくいです、しかし、このカラットした仕上がりが軽くて持ち運びをしやすくしてくれているのかもしれません。

また、乾パン同様の缶入りで、リッツが防災用の食料として販売されています。

最近では乾パンではなく、缶に入ったソフトタイプのパンもあり、これは焼きたての柔らかさが味わえるそうです。


ご飯(お米)

ご飯には大別すると、レトルトのタイプと、水をたすものにわかれます。

レトルトのものは、お湯で温めて食べられます、非常用のものは賞味期限が3〜5年程度あります。(通常のレトルトご飯は1年ほど)
また、混ぜご飯のものもありますので、おかずが無いときなどにもよいかもしれませんね。

水を入れるタイプのものは、水が必要になりますが、味は比較的良いようです。


おかず

おかずとして用意しやすいものは缶詰でしょう。

缶詰は通常のものでも比較的消費期限が長いのですが、非常用のものはさらに長いようですが、用意しやすいもの、管理しやすものなど、自分の性格などに合わせて選ぶとよいでしょう。


ご飯、おかず、味噌汁、などがセットになっている非常食も発売されてます、水も火もいらなくて、発熱用の溶液や袋がセットになっているために、どこでも熱々の食事をとることができますので、寒い時期には嬉しいですね。

インターネットで「レスキューフーズ」で検索するとイロイロ出てくるとおもいます、ただし、保存年数が2年ほどです。

保存年数が長いものとして、「サバイバルフーズ」というものがあり、保存期間は10年〜25年というものもあります、買い換えを忘れても安心ですが、味のほうはイマイチのようです。

今、ミリメシというものがヒソカなブームであるようです、世界各国の軍隊や自衛隊などで食べられているものですが、こちらはチョットお高目です。
タグ:非常食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。